野球の試合 ・・・

炭鉱街の小学校の生徒と野球の試合をすることになった。その前日に母にユニフォームが
欲しいと言った。
母は普段着で良いと思うよと言いながら運動具店へ行き用意してくれた。
よかったと思う気持ちと、母にすまないと思うそれとがない交ぜになった。

私の肩に手を置いてくれているのが佐々木先生です。


      

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。