父親は・・・

父親は三重県伊勢の出身でした。騎馬隊にあこがれ、家を抜け出して入隊したとかの話し
を、後々に父の姉から聞きましたが、それから満州へ至る経過などは分かりません。

敗戦後、軍隊で一緒だった人の父親が北海道で木材店を営む人だった縁で、復員後はその
店の木材を切りだす田舎での生活から始まりました。



母から・・・

後々に母が断片的に話してくれました。何時ごろに何度聞いたかは覚えていません。
何かの折に何度か話してくれたのだと思います。


毎朝、兵隊さんが馬を曳いて迎えにくるんだよ・・・
騎乗すると振り返らないで行くんだよ。
その後で兵隊さんが戻ってきて掃除をしてくれるんだよ。


ロシア人の二人がスケートでダンスをするのを(アイスダンスだろうか)お父さんと観に行ったよ。きれいだったよ。


終戦

その後、母と私は母の実家で生活していました。

翌年、昭和20年8月に終戦となりました。私は一歳になり二歳になり・・・ 。

当時のこと・・・  わずかにでも覚えていることと母から聞いた話しがない交ぜにあると思いますが、祖母と叔父・叔母と二人の従兄に加えご近所のSibataさん母娘と・・・  私はやさしく包まれていたのだと思います。



昭和十九年七月七日

昭和十九年七月七日、父Sinnjiと母Tosiの"長男"として新潟県新津市で生を受けました。

父は職業軍人でした。母は軍のタイピストだったそうです。

父と母は満州(今の中国)で生活していました。母は私を実家のある新津市で里帰り出産
しました。